2010年03月29日

桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)

 プロ野球巨人や米大リーグで投手として活躍した桑田真澄さん(41)が25日、早大の早稲田キャンパス(東京都新宿区)で行われた大学院の学位授与式に出席し、大学院を修了した。昨年4月にスポーツ科学研究科のトップスポーツマネジメントコース(修士課程1年制)に入り、スポーツビジネスなどを学んだ。

 同コースの代表としてあいさつした桑田さんは「勉強の大変さと研究の奥深さを知った。日本のスポーツ界のさらなる発展のためにこれからも勉強を続けていきたい」と話した。

 桑田さんは大阪・PL学園高3年だった85年秋、一度は早大進学を表明しながらも、巨人からドラフト1位指名されプロ入りした。

【関連ニュース】
大学生:生活費10年前の3割減 食費、部屋代切り詰め
雑記帳:大分大5年生 人気のタマ
東京大学:合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍
九州大学:合格発表 2189人に春
五輪フィギュア:大教室に立ち見、中京大でも応援

爆発 建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)
佐用豪雨、小学校で修了式 唯人君追悼、不明の文太君の発見願う (産経新聞)
亀井郵政改革相 郵貯限度額「修正せず」 郵政非正規社員と交流(産経新聞)
<平塚競輪場>「チャリLOTO」6億円超す 当選なく(毎日新聞)
旭山動物園名誉園長が退任=「野生動物の保護に携わりたい」−北海道(時事通信)
posted by LanaPorter at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

<強風>杉の木が倒れ石灯ろう壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)

 21日朝、奈良市春日野町の世界遺産・春日大社境内で、杉の木が倒れ、そばにある表参道脇の石灯ろう(高さ約2メートル)の一部が壊れているのが見つかった。20〜21日に吹いた強風で木が倒れ、石灯ろうに接触したとみられる。同大社によると、壊れた石灯ろうは1865(慶応元)年に造られたものだが、文化財指定は受けていない。

 同大社によると、現場は二の鳥居の西約100メートル。参道から約10メートル南の樹齢約60年の杉の木(高さ約10メートル、直径約40センチ)が根本から倒れ、石灯ろう2基に接触。うち1基の笠(かさ)と最上部に取り付けられていた宝珠(ほうじゅ)が脱落していた。同大社は倒木を取り除き、石灯ろうを修理する方針。

 奈良地方気象台によると、奈良市では20日夕に18.4メートル、21日未明も13.9メートルの最大瞬間風速が観測されていた。秋田真吾・同大社主事は「台風の時に似たような被害はあるが、この時期は珍しい。それだけ風が強かったのでは」と話した。【山崎一輝】

【関連ニュース】
避難勧告:豪雨、台風発生に58%間に合わず
衆院選:式根島で投票終了時間4時間繰り上げ 台風接近で
掘り出しニュース:弓矢で占う今年の天気 台風、集中豪雨に注意
列島直撃台風18号
台風9号 各地で大きな被害

「尊敬するのは聖徳太子」自民・谷垣氏 邦夫氏への対抗心も…(産経新聞)
医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)
カーネル人形 おかえり 甲子園球場近くに「定住」(毎日新聞)
<盗撮>名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け(毎日新聞)
「鈴木」姓 全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)
posted by LanaPorter at 03:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

<転落>橋から2人が川に 30代女性が不明 名古屋市(毎日新聞)

 17日午後10時35分ごろ、名古屋市熱田区伝馬の新堀川にかかる浮島橋から2人が転落したと110番があった。愛知県警熱田署によると、2人は名古屋市南区のともに30代の夫婦とみられ、男性は市消防局の消防隊員に救助されたが、女性は行方不明となっている。熱田署と市消防局は、女性が下流に流された可能性が高いとみて捜索している。

 熱田署によると、女性は「死にたい」と言って川に飛び込んだという。男性も女性を助けようと飛び込んだが、船の係留用ロープにつかまって助かった。【秋山信一】

【関連ニュース】
水難事故:都内の女性おぼれて死亡 沖縄・ダイビング中
水難事故:釣り人2人が海に転落 1人死亡1人不明…三重
転落:シラス漁船から? 76歳男性死亡 愛知・矢作川
水難事故:ダイビング中の女性、おぼれ死亡−−沖縄
ボート転覆:不明の自衛官、遺体で発見 北海道苫小牧

認可保育園の民間委託延期 園長候補が相次ぎ辞退 練馬(産経新聞)
<民主党>マニフェスト企画委が初会合(毎日新聞)
入管元職員に実刑=在留手続き汚職−東京地裁(時事通信)
<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
乳児・揺さぶられ死で24歳母「育児せぬ夫に悩み」(産経新聞)
posted by LanaPorter at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。