2010年05月28日

人工呼吸器「外した」ALS専門医9人(読売新聞)

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病の「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)」の治療で、調査に回答した医師の約2割(287人)が、患者や家族から生命の維持に必要な人工呼吸器を外してほしいと頼まれた経験があり、うち9人が過去に外したことがあると答えたことが、北里大などの調査でわかった。

 調査の概要は22日、東京都内で開かれた日本神経学会で発表された。昨年3月、日本神経学会の専門医約4500人に行い、1495人(34%)から回答があった。人工呼吸器を外した時期などについては不明。

 人工呼吸器を外す権利については、今後、何らかの条件がクリアできれば認めるべきが59%だったのに対し、「認めるべきではない」は24%だった。

 ALSは進行すると自力呼吸ができなくなり、人工呼吸器が必要になる。この日の学会では、患者や家族から「いったん呼吸器外しが認められると、周囲のサポートなしでは生きていけない患者に圧力がかかる」という意見も出された。

 人工呼吸器外しをめぐっては、富山県の射水市民病院で、末期がんなどの患者7人の人工呼吸器を外し死亡させたとして医師2人が殺人容疑で書類送検されたが、2009年、嫌疑不十分のため不起訴となった。国は07年に終末期医療の指針をまとめているが、中止の具体的な基準には触れていない。

<口蹄疫>鳩山首相「責任追及より感染防止が先」(毎日新聞)
口蹄疫 22日からワクチン接種…補償案受け入れ(毎日新聞)
<濃霧>九州北部で発生 関門海峡は入航中止(毎日新聞)
国道側溝に男性の切断遺体=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
電子書籍配信で新会社=ソニー、朝日新聞など―iPadに対抗(時事通信)
posted by LanaPorter at 00:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

民主・村越議員、谷擁立を批判「二足のわらじは無理」(スポーツ報知)

 恐れを知らぬ直言でたびたび注目を集めてきた、民主党の村越祐民衆院議員(36)が11日、同党・小沢一郎幹事長(67)が夏の参院選に柔道五輪金メダリストの谷亮子(34)を擁立したことに批判的な見方を示した。谷は国会議員として2012年のロンドン五輪に出場、金メダル獲得を目標に掲げたが、村越氏は「二足のわらじは無理。柔道に専念した方がいい」と指摘。また、人気取りが目的の著名人擁立は「もうやめた方がいい」と話した。

 民主党に久々に明るい話題をもたらしたかに見えた、ヤワラちゃんの出馬表明。しかし一夜明け、くしくも小沢幹事長が民主党代表を辞任してちょうど1年だったこの日、この“小沢戦略”に冷ややかな意見が党内から飛び出した。衆院本会議後に取材に応じた村越氏は「ロンドンを目指すなら柔道に専念された方がいいと思う。(2016年の)リオデジャネイロも、と言うならなおさら。政治活動と、五輪に向けた練習が両立するとはとても思えない」と指摘した。

 谷とは面識がなく「すばらしいお考えがあるのかもしれず、話したこともないので分からないが、スポーツで鍛えておられて有能な方でしょう」と村越氏。しかし、早朝から会議をこなし勉強に次ぐ勉強、夜も支援者の声に耳を傾ける…というのが、国会議員の日常だけに「二足のわらじは無理」と断言した。

 谷を政治の舞台に引っ張ってきたのは小沢幹事長。さらに、他党も有名人の擁立に力を入れている。村越氏はこうした手法に警鐘を鳴らす。「(有名人が)国会議員になり、立派に仕事されている人がいる一方で、そうでなさそうな人たちがいる」とした上で「人気取りのような候補者の立て方や、有名人やスポーツ選手だからという立候補のさせ方は、もうやめた方がいい」と語った。

 そもそも、村越氏は民主党孤高の猛者。小沢幹事長の政治とカネを巡る問題では、同党議員が沈黙し匿名でしか小沢氏を批判しない時期も、ただ一人実名で小沢氏に議員辞職を求めたり、ツイッターに「今の民主党はまるで北朝鮮」と書き込んだりしてきた。

 谷の擁立が、政治とカネの問題を吹き飛ばす追い風になるか?の質問には「ならないでしょ」と一刀両断した。

 ◆村越 祐民(むらこし・ひろたみ)1974年2月13日、千葉・市川生まれ。36歳。青学大国際政治経済学部を卒業後、外資系コンピューターハードウエアメーカー勤務。早大大学院法学研究科に進学し、在学中に千葉県議会議員選挙に出馬、初当選。03年衆院選で千葉5区から出馬、29歳で当選。05年は落選したが、昨年の総選挙で国政復帰。衆院安全保障委員会理事などを務める。家族は妻と息子2人。趣味はフライフィッシング。

 【関連記事】
民主党が庄野真代の擁立決定…参院選比例代表
亮子、民主から電撃出馬!参院選もロンドンも金!!
民主が歌手・庄野真代氏の公認決定
谷亮子が参院選出馬を正式表明 現役も続行ロンドン目指す

6月までに2つのWG設置―チーム医療推進会議が初会合(医療介護CBニュース)
ニフコ、79歳の小笠原元社長が会長に現役復帰(レスポンス)
「母の日のプレゼント代に」遊戯王カード盗む(読売新聞)
<小1虐待>母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿(毎日新聞)
マンション火災、隣接小で避難騒ぎ 大阪・東成(産経新聞)
posted by LanaPorter at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

<偽計業務妨害>ネットに皇族殺害予告…警視庁が容疑者逮捕(毎日新聞)

 インターネット掲示板に皇族を殺すと書き込んだとして、警視庁赤坂署は10日、愛知県東浦町、無職、江坂謙吾容疑者(26)を偽計業務妨害容疑で逮捕したと発表した。容疑を認め「書き込みを見た人が騒ぐ反応がおもしろかった」と供述しているという。

 逮捕容疑は、4月30日午後7時ごろ、自宅のパソコンからネット掲示板「2ちゃんねる」に、赤坂御用地(東京都港区)に暮らす皇族1人の名前を挙げて「殺します」と書き込み、数日間、赤坂御用地の警備を強化させるなど警察の業務を妨害したとしている。「軽い気持ちだった」と反省しているという。【内橋寿明】

【関連ニュース】
ネット中傷:接続業者の責任「限定的」 発信者開示は命じる−−最高裁初判断
闇サイト:「道具屋」つなぐ 「振り込め」への架空口座供給源 「金欲しい」面識なし
学校裏サイト:ネットパトロールに本腰 有識者会議設置へ−−文科省対策
中国:「大地震が起きる」 うわさ流布で5人拘束
ネットいじめ:県教委、防止事業開始へ /山形

<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕−三重県警(時事通信)
米は地元合意を見極め、協議長期化の見方も(読売新聞)
ヘリ部隊受け入れ拒否、徳之島3町長が方針確認(読売新聞)
首相、徳之島移転案を表明=3町長は拒否−普天間移設(時事通信)
posted by LanaPorter at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。